五代高之プロフィール

五代高之さんのプロフィールを紹介
五代高之
五代高之(ごだいたかゆき)
血液型:O
五代 高之(ごだい たかゆき、1956年7月1日 - )は、日本の男性俳優、声優。本名・大木 富夫(おおき とみお)。東京都世田谷区出身。血液型はO型。妻は女優の香野麻里。

来歴・人物
相模工業大学附属高等学校(現・湘南工科大学附属高等学校)卒業。大川橋蔵の付き人を経て石原プロモーションに所属する。1979年『西部警察』で大門軍団の最若手・兼子刑事役でデビュー。以後、主に映画、ドラマ、吹替で活躍。現在はJVCエンタテインメント所属。芸名の名付け親は石原裕次郎で、映画「栄光への5000キロ」(1969年)での裕次郎自身の役名(五代高行)を譲り受けたそうである。西部警察のオーディション時、「君は喧嘩に自信があるか?」という質問に対し、「何だったら今からやりますか?」と答えたという。『太陽戦隊サンバルカン』での2代目バルイーグル/飛羽高之役が唯一の主演である。『スター爆笑Q&A』にゲスト出演した際に、西部警察でのエピソードを披露。劇用車を連ねてロケ現場を移動する際、信号待ちでふざけて前の劇用車に軽く追突する遊びをやっていた。ある時間違えて本物のパトカーに追突してしまい、降りてきた本物の警察官に事情を説明しようとしたら、懐に入れていたモデルガンが見えてしまい、身構えられてしまった。近年は声優としての活動も増えており、2008年には『炎神戦隊ゴーオンジャー』で怪人の声を演じたため、土田大や岸祐二と共に戦隊ヒーローと怪人の両方を演じた俳優となった。ちなみに岸祐二は五代と同じく、赤の戦士である。



五代高之Topページ




カテゴリから「エンタま」で紹介する人物をカンタンに検索できます。
タレント | 俳優
グラドル | セクシー女優
お笑い | 漫画・アニメ
ミュージシャン


[0]トップへ
(c)entama.info